セミナー案内Seminar

【WEB開催】2022年02月17日(木)

明日から始められるデジタルラボ経営 / ウェビナー版

デジタル化と技術向上で将来に備えよう

現在の歯科技工界では、技工料金のダンピングや長時間労働の常態化など、様々な問題を抱えています。
このような中、厚生労働省より、「令和3年度第1回診療報酬調査専門組織医療技術評価分会」資料が公開されました。
この資料は、将来の保険適用を検討する意味合いが強く、口腔内スキャナーやジルコニアブリッジ等、自費分野でのみ運用されていたものが含まれており、歯科技工業界の将来を考えさせるに十分な内容であると言えます。
そこで本セミナーでは、藤松剛先生を講師に迎え、
◆技工士不足や労働時間改善を見据えたデジタル化・機械化
◆歯科医院との密な関係が成功に結び付く、口腔内スキャナーを起点とする歯科技工の確立
◆保険技工・自費技工の明確な差別化による自費率、利益率の改善
など、皆様の持つ匠の技術とデジタル化を融合させ、将来に備える一つの指針をご講演いただきます。
この機会にぜひご参加いただきますようお願い申し上げます。

日時 2022年2月17日(木)
19:00~20:00
Webセミナー ZOOM使用
ウェビナー参加には1台のPCで、Zoomによるインターネット接続が必要となります。

一つのメールアドレスで複数台のPCでの接続はできませんので、複数人(複数PC)でご参加の場合、違うメールアドレスでお申し込みください。
スピーカー
  • 藤松 剛 先生 藤松 剛 先生
    株式会社S.T.F代表取締役
    3shape LAB Ambassador
    3shape Global KOL
    CM社認定ペクトンインストラクター
    ストローマン社インストラクター
    新大阪歯科技工士専門学校専攻科 非常勤講師
受講費 3,000円

※先着順・定員になり次第、締切とさせていただきます
トピックス ◆技工士不足や労働時間改善を見据えたデジタル化・機械化
◆歯科医院との密な関係が成功に結び付く、口腔内スキャナーを起点とする歯科技工の確立
◆保険技工・自費技工の明確な差別化による自費率、利益率の改善
定員 50名
ご準備について ◆お申込み時にご入力いただきましたメールアドレスへ「ウェブセミナー招待メール」が送信されます。メール内のZOOM「事前登録URL」にアクセス、ご登録いただいた時点でお申込み完了となります。
ウェビナー当日は、お申込み完了後に送信される確認メール内の「ここをクリックして参加」より、ウェビナーにご参加ください。
◆システムの都合上、当日のご登録ができないため、セミナー開催の2日前までにご登録をお願いいたします。
セミナー詳細(PDF) PDFダウンロード

セミナー情報トップ

電話によるお問い合わせ
0120-382-118
平日 9:00~17:30

ページトップへ